トップページ > 民生委員について > 制度の概要

 あなたの街で活動している民生委員・児童委員は、どのような人がその役割を担っているのでしょうか。また、どのような過程を経て選出されているのでしょうか。
 ここでは、民生委員・児童委員を定める「民生委員法」と「児童福祉法」をもとに、そのあらましについて紹介します。
 ※「民生委員法」や「児童福祉法」についてはこちらへ(⇒用語解説)




民生委員・児童委員の役割

 千葉県には、約7,300人(千葉市を除く)の民生委員・児童委員が、民生委員法に基づき、配置されています。
 民生委員・児童委員は、児童福祉法で児童委員を兼ねることとされており、高齢者や児童、子育て家庭、障がい者、生活困窮者など、援助を必要とする方たちへの生活相談や助言を行っているほか、福祉サービスを利用するために必要な情報提供なども行っています。
 また、民生委員・児童委員のうち、主任児童委員に指名された委員は、児童福祉を専門に活動しています。



民生委員・児童委員の位置づけ

 民生委員・児童委員は、都道府県知事の推薦によって厚生労働大臣が委嘱します。法律で守秘義務や政治的中立が定められており、身分的には特別職の地方公務員とされています。(地方公務員法第3条3項2号)
 一方、法律上給与の支給はなく、社会奉仕の精神をもって、常に住民の立場に立って相談に応じ、必要な援助を行うこととされていますので、無償で地域福祉活動を行うボランティアでもあります。




選出方法・任期

 民生委員・児童委員は、市町村民生委員推薦会、都道府県知事の推薦を経て、厚生労働大臣が広く社会の実情に通じ、社会福祉の増進に熱意のある住民に委嘱します。任期は3年です。






定数・担当地域

 民生委員・児童委員は、次の配置基準に基づき市町村毎に定数が定められています。また、委員一人ひとりには活動する区域が定められ、一人一区域を担当します。 また、下記の配置基準における対象世帯をもとに、民生委員が配置されています。

【民生委員・児童委員の配置基準】

区  分 1人当たりの受け持ち世帯数
(基準)
東京都区部・指定都市 220〜440世帯
中核市・人口10万人以上の市 170〜360世帯
人口10万未満の市 120〜280世帯
町村 70〜200世帯



組織

 民生委員・児童委員は、市においては市内を小地域(小学校区や中学校区など)に分けた区域ごとに「単位民生委員児童委員協議会(以下、「単位民児協」という。)」を組織しています。また、町・村では1つの単位民児協を組織しています。
 ここでは、民生委員・児童委員相互の活動を組織的かつ適切に遂行するために、主に次のような活動を行っています。
 @ 活動に関する情報や問題の共有、民生委員・児童委員相互の協調
 A 民生委員・児童委員が一人では対応できない問題への協力
 B 行政機関や福祉関係団体との協力体制の構築
 C 施策の充実などについて市町村長や都道府県知事への意見具申




民生委員制度の歴史

    民生委員制度の歴史はこちら




前のページにもどる   /   ページの先頭へ