イラスト

「チーバくん」デザイン等使用許諾 千葉県許諾 第A743-2号

令和元年度 地域歳末たすけあい運動の実施について

2019.10.29 おしらせ

 本年度も、令和元年12月1日~12月31日までの1ヵ月間、「地域歳末たすけあい運動」が実施されます。

 本運動は、共同募金運動の一環として、民生委員・児童委員や地域住民、ボランティア、社会福祉法人、社会福祉協議会等の関係機関の協力のもと、新たな年を迎える時期に、高齢者や障がい者、子ども、若者、福祉サービスを必要とする人など、誰もが地域社会の一員として参加できるさまざまな福祉活動を展開し、地域において孤立することなく自分らしく、安心して暮らすことができる福祉のまちづくりへの幅広い理解と参加を図るものとして、毎年年末に実施しています。

 実施方法や活動事例などは、下表実施要項に掲載されていますので、ご確認のうえ、皆さんの地域で何ができるか、定例化などで話し合ってみてください。

 ※実施要項:引用抜粋

 「歳末たすけあい運動」とは?

 その歴史は長く、明治後期頃から自発的な互助的精神を持った主に救貧を目的とする民間活動として広がり、昭和初期頃から戦後にかけては、全国の各地域で民生委員(戦前は方面委員)などが中心となり、地域内での義損金品の配布や金品の持ち寄り運動などが行われています。
 現在では、新たな年を迎える時期に、支援を必要とする人たちが地域で安心して暮らすことができるようさまざま な福祉活動を重点的に展開する取り組みとして、民生委員・児童委員、共同募金会 共同募金委員会、社会福祉協議会が中心となって地域住民やボランティア・NPO 団体、社会福祉 法人など様々な関係機関の参加のもと展開されています。
 なお、本運動で実施される募金活動は、共同募金の一環として行われています。
 (実施要綱:引用抜粋)

令和元年度「地域歳末たすけあい運動」の概要
スローガン  つながり ささえあう みんなの地域づくり
実施期間  令和元年12月1日~12月31日 1か月間
推進主体  各市町村において、社会福祉協議会、民生委員児童委員協議会、共同募金委員会を中心に、地域の実情に応じて必要な組織を加え、本運動を推進する。(詳細は、下記データを参照のこと)
ダウンロード  ●令和元年度「歳末たすけあい運動」実施要項 pdf(174KB)