イラスト

「チーバくん」デザイン等使用許諾 千葉県許諾 第A743-2号

令和元年度「児童虐待防止推進月間」が始まります。

2019.10.31 おしらせ

 全国・県内ともに、児童虐待に関する相談対応件数は依然として増加傾向にあります。児童虐待は、早急に解決すべき問題であり、子どもの「命」と「権利」、そしてその「未来」は社会全体で守らなければなりません。
 そのため、虐待の発生予防、発生時の迅速・的確な対応から虐待を受けた子どもの自立支援まで、切れ目ない総合的な対策を更に進めることが必要となってきます。

 こうした児童虐待防止に向けた対策が地域に根づき、効果的に実施されていくためには、多くの民間団体や国・地方公共団体等関係者の積極的な参加を求め、協働して児童虐待防止に向けた取り組みを推進しその充実と定着を図ることが大切となってきます。

 このため、国は毎年11 月を「児童虐待防止推進月間」と定め、家庭や学校、地域等の社会全般にわたり、児童虐待問題に対する深い関心と理解を得ることができるよう、期間中に児童虐待防止のための広報・啓発活動などの取り組みを実施することとしています。

 皆さまの地域でも、子どもの安全・安心について話し合う場を持ち、児童虐待防止の啓発活動にご協力くださいますようお願い申し上げます。

 ※詳細は、下記実施要綱をご参照ください。
 ※実施要綱引用抜粋。一部本会編。

ダウンロード  ●令和元年度「児童虐待防止推進月間」 pdf(91KB)
リンク  厚生労働省「令和元年度「児童虐待防止推進月間」について」
 ※11月11日追加
令和元年度児童虐待防止月間の標語

  「189(いちはやく) ちいさな命に 待ったなし」
  石居 くるみさん(東京都)の作品